ストレス耐性とは。心身のコンディションを快適にする内面の整え方

ストレス耐性が低い状態とは

「メンタル弱い」という表現は、日常会話でも使われる言葉になっています。

ストレスに対して抵抗力が低く、少しの刺激でダメージを大きく受けやすい状態

ストレスに対する耐性が低いと表現されます。

抵抗力や適応する力が不足しているために、嫌な刺激があれば、すぐに負けてしまうのですね。

ストレスは過剰になると健康を害し、仕事のパフォーマンスにも悪影響が出ることから、国としても生産力、国力の問題にも関わるということで、働く人のストレス状態に関して法律で管理する社会になっています。

栄養バランスや適度な運動、睡眠の質を上げる工夫などなど、目に見えやすいストレス対策の情報は溢れていますが、心の外側の物質的な条件を整えるストレス対策だけでは有効とは言えません。

内面に意識を向けることで、ストレス耐性も劇的に高まる方法についての話題です。

ストレス耐性とネガティブ過ぎる悩み

命ある生き物は、状況をネガティブに捉えるのが本能なのだといわれます。なぜなら、生命を守るためなのですね。

今の時代のように、日が暮れて暗くなっても電気で明かりを得られる状況とは大きく異なり、太陽が沈めば真っ暗闇で、どこに命の危険があるか見当もつかない環境のなかで、生命の安全を守るために遺伝子に組み込まれた貴重なプログラム=不安や恐怖といった、いわゆるネガティブ感情。

人の社会も、ネガティブ感情に守られてきたからこそ、滅びることなく発展してきたということです。

一方で、ネガティブ過ぎる性格をなんとかしたい、という悩みが多くきこえてくるのも事実。

ネガティブ過ぎて辛い…という悩みは、つまり、

命や身体の安全に影響するほどの大きな危険など無い、ごく小さな障害に対しても過剰に大きな「危険」「脅威」としての意味を与えてしまい、現実的ではない不安によって大きなダメージを受けてしまっているといえます。

ネガティブに傾き過ぎている状態⇒現実には、それほど大きくない刺激や障害に対して、受けているダメージは大きい、つまり、ストレス耐性が低い状態なのですね。

効果的な対策は?

ネガティブ感情は、そもそも「生命の安全のために書き込まれたプログラム」だと理解すると、人の内面の奥深くには、「プログラムを書き込む」ことが可能なのだな~。

しかも、そのプログラムは定着すると人生全般に対して、かなり強力に働くのだな。

ということが見えてきます。

ストレス耐性が低い。ネガティブ過ぎる。辛い… どうすれば楽になれる?という悩みへの効果的な対策は、

「自分を苦しめていた内面の仕組みに気づいて、新しい仕組みに変える」ことだとわかります。

安心の確認と繰り返し

あんなに思い悩んでいたけど、体験してみたら意外と大丈夫だった。次もいけそう!

「案ずるより産むが安し」と実感できるような、少しずつの成功体験を積み重ねることで、人生を変えるほどの大きな変化も可能になります。

まずは、
気になりつつ行っていなかった新しい場所や、興味はありつつ試していなかった新しい体験など、

「今までのあなた」にとっての安心・安全・快適な環境から、ちょっと「はみ出す」事柄について、具体的にイメージ・行動してみることがおすすめです☆

 

ストレス対策関連記事

↓ストレス対策・食べ方の工夫

 
 

スポンサーリンク


 
 

Peace&Happiness

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA