新年度の挨拶・くだけた雰囲気の文例は?

新年度の挨拶文例・くだけた雰囲気で

3~4月、新年度へ向けて環境や人間関係など、変化が多い季節ですね。

新しい環境で、自己紹介をしなければならないのがプレッシャー…

という悩みも、よく聞こえてきます。

でも、新しい出会いの場面で、

緊張する。嫌だな~

という気持ちでいっぱいだと、表情も硬くなりがちで、新しく出会う人たちとの関係づくりに、マイナスに働くことも。
 

スポンサーリンク


 

くだけた挨拶文例

挨拶のメールなど、文章とはいっても、かしこまりすぎず、親しみやすいくだけた文例は…

名前・所属・年齢(学年・入社年)を含めて、

「~から来ました(異動になりました)〇〇といいます。

始めのうちは、わからないことも多く、ご迷惑をおかけしてしまうかもしれません。

皆さまに教えていただきながら、1日も早く戦力になれるよう、努力して行きたいと思っています。

よろしくお願い致します。」

 

目上の人が相手の場合には、

〇〇と申します。

思っております。

など、より丁寧な印象にアレンジしても良いですね!

初対面では、あなただけではなく、相手も多少なりとも緊張感はあるもの。

恰好良く見せるよりも、明るい笑顔で親しみやすさが有効な場合が多いようです。

また、自分を「良く見せる」よりも、ちょっとしたウィークポイント・苦手なことなど、笑いを誘うような表現で見せてしまったほうが、話しやすい印象につながりやすいのですね。

新年度、新しい環境での挨拶で「緊張する」という場合には、硬い表情でいるよりも、

正直に「すみませんっ。実は、すごく緊張しております」

と言ってしまったほうが、実際、場が和んだりします。

ポイントは、

笑顔で明るく

皆さんとご一緒できてうれしいです、というメッセージ
また、初対面の場で良い印象をもたれやすい色は、だといわれます。

ネクタイなど、ぱっと目につくポイントにブルーの色を取り入れてみるのも、最初の好印象づくりに良い方法なのですね。

新年度のスタートが、あなたにとって希望に満ちた展開につながりますように☆

 

スポンサーリンク


 
 
Peace&Happiness

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA