中間反抗期 小学生低学年反抗期
子育て疲れた…悩み等

中間反抗期?小学生低学年の子供の口答え、あまのじゃく等への対策

中間反抗期?小学生低学年の子供の口答え、あまのじゃく等への対策

 

小学校入学の頃は何かと心配でたまらなかった子供も、2年生にもなると学校生活にも慣れ、お友達も増えて、「そんなこと、どこで覚えたの?」と、びっくりしてしまうようなこともありますよね!

いつの間にか、親の知らない子供なりの世界も、広がって行くのですね…

そのような小学生低学年くらいの時期、親への口答えや反抗が急に激しくなる子どもの変化に、戸惑うこともあるかもしれません。

広告
 

中間反抗期?低学年の子供の口答えやあまのじゃく

 
中間反抗期 小学生低学年反抗期
 
2歳くらい~のイヤイヤ期では、ママと自分は違う生き物だと気づいた幼い心が、自分の欲求を主張することで自立の一歩を踏み出します。

そこから、園生活などで家族以外との交流も通して、欲求の主張のしかたにもコツがあることなどを、子供なりに学んで行くのですね。

小学校低学年くらいでは、さらに理論立てて考える力も育って行きます。第一次反抗期といわれる「イヤイヤ期」では、泣いたりわめいたりする自己主張だったのが、低学年の時期では言葉で主張する能力も育っているので、やたらと口答えするようになる子も少なくありません。
 
中間反抗期 小学生低学年反抗期
 
あまりにヒドい態度で親もイラっとしたり、よそで同じ態度では困る!と心配になったり… 口答えや「あまのじゃく」が激しい子供の対応に困ったら?

→良くも悪くも、子供自身が体験するチャンスを親が先回りして奪ってしまうことは、子供のためにならない。と、冷静に考えることも大切!

私も、子供がかわい過ぎて、できるだけ嫌な体験はさせたくない。と、先回りしがちなのですが(親バカすみません…笑)

そもそも自立のプロセスの一部である反抗期。危険なことや、人を傷つけるようなことは注意が必要ですが、自立したい子供の成長を助ける親でありたいです。
 
中間反抗期 小学生低学年反抗期
 
使ってほしくない乱暴な言葉や聞き苦しい言葉を「やめなさい」と言っても面白がって使いたがる、などという場面も、やめてほしいことをわざと繰り返す行動が招く結果(相手が嫌になって離れて行ってしまう、等)を、話して聞かせてわからないときは、子供が自分で体験して学べばいい。

低学年の時期の「あまのじゃく」は、親離れ子離れが加速するタイミングでもあるのですね。もし、外で傷ついて戻ってきたら、「よしよし」してあげても良いのだと思います^^
 

低学年頃の反抗期に役に立つ話し方のポイント

広告
 
それでも、親として言い聞かせたいことを子供にとって受け入れやすくするアイディアは…

「だめだよ!」と、 一方的に禁止の命令をされたり「やりなさい!」と、上から押しつけられると、子どもの心に不満が残って困った行動がエスカレートすることもあります。

「それ、あなたにとっては、おもしろいんだ~」 と、いったん子供の行動を受け止めてから、「あなたは、おもしろくても、相手は、違う感情の場合もあるよね」と話します。「自分だけ楽しくて、相手が嫌な気持ちになってたら、どうかな?」「反対の立場だったら、どうかな」 と話すと、たいてい理解して行動も変わります。

そして、頭ごなしに抑えつけられるのではなく、「あなたは、それを、おもしろいと感じたんだね」と、自分の気持ちも尊重された、と感じることによって、感情のコントロールができやすくなるのですね。
 

一方的な命令では不満が溜まり、抵抗したくなります。

かわりに、「あなたは、そう感じた。相手は?」と、一緒に考えて納得した上で、ハッピーな人間関係のための行動を理解できることは、子供本人にとっても嬉しい成功体験なので、その後の生活のなかで疑問が芽生えたときも「考えて問題解決しよう」とするモチベーションが育つのですね☆

 
※関連人気記事

 
広告

 

返信を残す

必須項目には印がついています*

CAPTCHA